Q&A

「教育全般」について

帝京大学可児小学校では、どのような子どもを求めているのですか?

友だちの言うことや気持ちを理解するとともに、自分の気持ちや意見を言葉で伝え、仲間と協力することで、お互いに向上しようとする気持ちのあるお子さん、自分の身の回りのことについて判断や片付けができ、学習に積極的に向かう姿勢が見られる自律したお子さんが、学校目標「つよく・やさしく・うつくしく」を具現できる望ましい姿と考えています。

2学期制ですか、3学期制ですか?

従来通りの3学期制を行っています。

いじめの対応はどうですか?

普段から担任が、授業や休み時間、放課後など、児童の動向や気持ちに最大限注意を払うと共にアンケート調査を行うなど総合的に把握する中で、問題があると思われるときは速やかに対応します。

下校途中に習い事をすることはできますか?

学校生活は、無事に家庭に帰宅するまでですので、保護者の責任において安全面等が確保されていれば、可能です。

「4-4-4システム」を採用されるということですが、卒業式は4年生に行いますか?

「4-4-4システム」は、学習の指導方法や内容と学校運営上のシステムのことをいいます。学校の修業年数など基本的なことは、これまでの「6-3-3制」となんら変わりはありませんが、4年生で「4-4-4制」の第一ステージ修了の「初志式」を行い、6年生で小学校の卒業式を行います。

就学時検診がありますが、どうしたらよいでしょうか?

本校での就学時検診はありませんので、指定された学校で検診を受けてください。

土曜日も授業はありますか?

授業時間確保のため、本校では、月2回(第2・4土曜日)、午前授業を行っています。授業のある土曜日については、ステップアップタイムを開設し最大17時まではお預かりしますが、SUT講座はありません。

運動会は、どうなりますか?

運動会とは異なりますが、体育学習の発表の場として小学校独自のスポーツ大会を実施しています。

地域との関わりはどうですか?

生活科や理科・社会の学習で、地域の自然や施設を学習素材にして学ぶ機会があります。1年生に限らず授業や行事を通じて、近隣地域や施設に出向き、体験的な学習をして心を耕す糧にします。

教職員の構成はどうなっていますか?

統括校長、校長、教頭、教務、養護教諭の他、低学年では各クラスに2人の担任がつき、2クラスの学年を4人のスタッフが担当して子どもたちを指導します。中学年以上は学年3人で担当します。また、高学年では教科担任制となります。

 

学童保育はありますか?

一般的な学童保育とは異なりますが、希望者を対象に、授業日の放課後はお子さんを平日は最長19時、土曜日は最長17時までお預かりする「ステップアップタイム」という時間を設けています。ステップアップタイムでは、宿題を行う自学自習時間のあとに外部講師によるカルチャー系およびスポーツ系の講座を設け、お子さん個人の能力のステップアップを図ります。また、長期休業中の平日には、終日お子さんをお預かりする「ステップアップスクール」を開設しています。いずれも専任スタッフが担当し、別途費用が必要です。

通知表の評価はどのようですか?

本校で作成した授業シラバスと評価規準に基づき、絶対評価を行っています。

男女共学ですか?

いろんな人のいろんな立場を理解して人間関係づくりをするという意図から、男女共学です。

宗教教育はありますか?

帝京グループは、特定の宗教に基づいた教育機関ではありません。建学の精神に基づいて教育を行っています。

クラス替えはどうなっていますか?

1年ごとに行います。

ページの先頭へ