教育理念

小中高一貫教育

帝京大学可児小学校では、「4・4・4」システムにより、小・中・高の十二年間の教育が一貫的に行われます。
帝京大学可児小学校から帝京大学可児高等学校中学校への進学は、本人の学力と、本人・保護者の希望に基づいて、小学校長の推薦により決定します。
更に、帝京大学可児高等学校中学校から帝京大学グループ校へは「無試験推薦入学制度」(2年間有効・その間、入学金や学費の納入は保留されます)があり、国公立大学及び難関私立大学に併願が可能です。帝京大学医学部医学科や薬学部へも、学力に応じて、この推薦制度を用いて進学することが可能です。

小中高一貫教育の流れ

ページの先頭へ